レーシック東京比較サイト
レーシック東京比較
 
レーシックとは
レーシック手術を受ける前に
おすすめレーシッククリニック

 
 
 
 



  レーザーで角膜の表層部分を薄くはがして角膜実質層と呼ばれる組織を削り、屈折力を矯正することで、裸眼での視力を回復させる手術を「レーシック」といいます。
視力が悪い人はコンタクトやメガネで焦点を合わせて視力矯正を行いますが、その屈折をレーザーによって治療し、視力の回復を図るのです。
手術を受けた人の大半は1.0以上の視力にまで回復し、快適な日常生活をおくれるようになっています。 メガネやコンタクトがわずらわしく邪魔だと思っている方にはおすすめの手術です。

 

「レーシック」も手術の1つですので、もちろんメリット・デメリットがあります。
きちんと把握してご判断下さい。

   
  【メリット】
 
快適な視力を取り戻す事が出来る 
      大半がメガネやコンタクトレンズを着けた時の視力程度まで回復することが可能です。(人により程度は異なります。)
 
手術時間が比較的短時間
 
  両目で10〜20分が一般的です。
 
近視が原因の体調不良が解消
      近視による肩こりや、メガネ・コンタクトによる頭痛、違和感などが解消されます。
       
  【デメリット】
  削った角膜は元に戻らない
  長期的な術後のデータがない。
      施術の歴史が浅いため、長期的な安全性の実証までには至っておりません。ですので数十年後の副作用が出ないとは言い切れません。
  視力が予定通りに回復しない可能性がある
      レーシックの効果には個人差があるのも事実です。
  術後に合併症の出る可能性がある。
      視力が不安定になったり、ドライアイになったり、などの症状が出る場合があります。時間の経過と共におさまっていくようですが、術後数ヶ月間そのような合併症に悩まされる可能性があります。


   
   

新着情報
2009.5.22 レーシック東京比較サイトをアップしました。
     
     
このページのトップへ戻る